OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マンション投資とは

資産として

世界そして日本の大都市である東京で資産を持つこと。
首都圏のワンルームマンションの価格・賃料は安定して推移しています。
家賃収入は、景気の良し悪しでは需要バランスが崩れにくく、長期に渡って安定的な収入源として考えることができます。
また首都圏中古マンションの供給戸数も年々増加傾向にある為、流動性のある資産としても注目されています。

年金対策

資産運用型マンションは継続的に収入を得ることが期待できます。現金で購入する方法もあれば、定年退職までの時間を有効に使ってマンションを所有することで、定年後に家賃収入を受け取ることもできます。
いずれにしても、老後の生活を考えると継続的な収入源の確保が必要といえます。

保険効果

住宅ローンには、団体信用生命保険がついています。掛け金は毎月のローンの支払いに含まれています。
住宅ローンの返済期間中に、ご本人に万が一のことがあった場合には、保険金でローンの残債を完済する仕組みとなっていますので、無借金となった不動産を売却することで売却金額を保険金の代わりにすることもできますし、所有し続けて不動産から毎月家賃収入を得ることもできます。
また、すでに生命保険に加入されている場合でも、死亡保障を増額した効果を得ることができ、その分の死亡保障額を減額するなど生命保険の節約も可能です。

節税対策

不動産投資を始めると確定申告により、所得税の還付・住民税の軽減といった税務上の優遇を受けることができます。
建物の減価償却費、住宅ローンの利息などの必要経費が認められますので、不動産所得が赤字になった場合は、給与所得と不動産所得を損益通算することにより、給与所得から源泉徴収されている方は、勤務先で給与から差し引かれた所得税が還付され、住民税も軽減されます。
会社員の方ができる数少ない節税対策として注目を集めています。